所長挨拶


当診の前身である大正民主診療所は、医師が患者様のご自宅に伺うことがまだ一般的でなかった頃から訪問診療を積極的に行い、地域に密着した医療を提供してきました。また、CT検査、胃カメラなど各種検査が可能で、病院に引けをとらない診断と治療で地域の皆さまに信頼をいただいて参りました。平成27年に小林から千島に移転し、旧わかば歯科と共通の建物となり「たいしょう生協診療所」として新規オープン致しました。旧わかば歯科は「たいしょう生協診療所歯科」と名称を変更致しました。

 

新しい診療所は1階に医科診療所、2階に歯科、リハビリテーション室、3階に通所リハビリセンター、小規模多機能型施設「にじの家」を併設し、隣接する建物には訪問看護ステーションそよかぜ、ケアプランセンター、ヘルパーステーションらぽーるを備えています。済生会泉尾病院や大正病院とも連携しており、医療、介護の区別なく、皆様の健康に関する様々なニーズに包括的にお応えすることができます。

当診は大正区で唯一、月曜日から金曜日まで毎日「家庭医療・総合診療」を専門とする医師が外来診療を行っています。小児から高齢者まで、内科だけでなく幅広い健康問題に対応することが可能です。物忘れ外来や禁煙外来など専門外来も行っています。また訪問診療も積極的に行っており、様々な理由で通院が難しいかたや、入院せずご自宅で療養を続けたいかたは、医師と看護師がご自宅に伺って診療いたします。

たいしょう生協診療所 

                         所長 鈴木 昇平

施設案内


外観・受付・待合

院内に池がある珍しい待合室になっています!四季の感じられるお庭もあります。

診察室・処置室・更衣室・トイレ

車椅子の方も安心して診察を受けることができます。トイレも車椅子対応しております。検査前に着替えることの可能な更衣室もあります。

検査室

心電図、胸部XP、エコー、CT、胃カメラ、骨密度測定といった幅広い検査機器を用意しています。